天王寺動物園のいろいろな動物たち - 天王寺動物園

ライオン大好き★アニマルブログ

ライオンが大好きな管理人による動物園とサファリの写真日記。全国各地の個性豊かな動物たちを楽しくレポートしていきます。

天王寺動物園のいろいろな動物たち

2011年4月に大阪市にある、天王寺動物園へ行ったときのレポートです。


こちらはアジアゾウの 「ラニー博子」 さんです。
アジアゾウ_6

なんだか芸能人みたいなお名前ですよね。ペギー葉山みたいな。マギー司郎みたいな。

「ラニー」 とはインドの言葉で 「お姫様」 を意味するのだそうです♪
つまりは 「博子姫」 です♪
アジアゾウ_7

このラニー博子さん、
天王寺で飼育されているもう一頭の先輩アジアゾウ、春子さんと仲が悪いのだとか。。。

こちらはメガネグマです。南アメリカ大陸に生息しています。
メガネグマ_1

顔に眼鏡のような模様があるのが特徴です。

こちらはクロサイです。おそらくオスのトミーだと思います。
アフリカ大陸に生息しています。
クロサイ_1

こちらで寝転んでいるのはブチハイエナです。
ブチハイエナ_1

ライオンのライバルとして有名ですね♪

こちらはウンピョウのオスのフーシ (2000年9月8日生まれ) です。
ウンピョウ_1

体に雲形の斑紋があることから 雲豹 (ウンピョウ) という名前が付けられていますが、
ヒョウの仲間ではありません。中国~東南アジアにかけて生息しています。
ウンピョウというものを始めて見ましたが、目が大きいのが印象的でした。

こちらはジャガーのオスのジャガオ (1995年11月27日生まれ) です。
石のベッドでスヤスヤ。
ジャガー_8

ヒョウとよく似ていますが、ヒョウとの違いは
 ・ジャガーはアメリカ大陸に生息し、ヒョウはアフリカやアジアに生息しています。
 ・ジャガーの方がヒョウよりも体が大きいです。
 ・ジャガーはヒョウと違って模様の中に黒い点があります。

近くには、3月24日に中国の動物園からやってきた
メスのルースちゃんを紹介するパネルが貼ってありました♪
ジャガー_9

天王寺動物園に掲示してあるパネルで動物たちが喋っている場合、
このように大阪弁で喋っていることが多いのですが、
ジャガー_10

なぜか中国生まれで日本に来たばかりのルースちゃんまでもが
すでに大阪弁で喋っています(笑)
ジャガー_11

「楽しみに待っててやー!」

写真とのギャップになんか笑っちゃいました(笑)

ちなみにこの写真を撮ったのは4月中旬だったのでまだ検疫中で未公開でしたが、
現在はすでに公開されているそうです♪

関連記事
スポンサーサイト

2 Comments

てらさん  

天王寺動物園のサイ

天王寺動物園のサイは

王子動物園のサイと違ってウェストがとってもスマート。

種類が違うからだけではないよね。(運動量?)

2011/06/01 (Wed) 00:21 | EDIT | REPLY |   

たまご  

>てらさん様

私も同じことが気になっていました!
天王寺動物園のスマートなクロサイに比べて、王子動物園のシロサイはかなりまるまるとしていますよね~^^;

気になったのでネットでいろいろな写真を見てみたのですが、クロサイの方が細いとかそういうことではないみたいですね。
どうやらただ単に個体差のようですね^^

2011/06/01 (Wed) 22:44 | EDIT | REPLY |   

コメントを書く