ライオンのおやつタイム - 天王寺動物園

ライオン大好き★アニマルブログ

ライオンが大好きな管理人による動物園とサファリの写真日記。全国各地の個性豊かな動物たちを楽しくレポートしていきます。

ライオンのおやつタイム

2011年10月に大阪市にある、天王寺動物園へ行ったときのレポートです。


前回の記事からの続きです。

こちらはライオンのレオ。
ライオン_436

大きなあくび。
ライオン_437

いつもは寝ていることも多いレオなのですが、
この時はなぜか ソワソワ ソワソワ
ライオン_438

そして ペロリ♪
ライオン_439

ネルさんもソワソワしています。
ネル 「もうすぐ始まるのね・・・。」
ライオン_440

そうです。
今から何かが始まるのです。

何が始まるのかと言うと、それは・・・・

ジャジャーーーン!!
ライオン_441

お  に  く  !!

今から、「ライオンのおやつタイム」 というイベントが始まるのです。

このイベントでは、飼育員さんがライオンにお肉をあげる様子を
間近で見ることができます。

飼育員さんは、持ってきた鉄の格子を
ライオンの展示場の床付近にセッティングし終えると、
「今からこのお肉をあげま~す。」 と言いながら
高らかにお肉を掲げました。

さすが動物園の人気者、百獣の王ライオン。
混雑が嫌いな私はいつも空いている平日を狙って動物園へ行くのですが、
この時ばかりはライオンの展示場の前は大混雑(´・ω・`)
背伸びしながら人々の隙間からレオ様の様子を拝見します。

「お肉をあげますよ~。」
ライオン_442

ポトッ。 お肉を落とします。
ライオン_443

するとレオの手がのびてきて、お肉をキャッチ!!
ライオン_444

そのまま引きずりながら自分の口元へ持っていき、
もぐもぐもぐ♪ グヘヘ。
ライオン_445

ライオンのおやつタイム」 という名前ですが、
実質、レオのおやつタイム です(笑)

妻のネルさんや娘のチーちゃんは、
おやつタイムのお肉には手を出さないそうです。
後ろからただ見ているだけ。
別にお腹が空いていないというわけではありません。
これはレオのことをボスとして認めているからこその行動。
そう、おやつを頂くのはボスの特権なのです。
本当は食べたいかもしれないけど、
その気持ちを押し殺して後ろからただ見つめるだけです。

おやつタイムが終わり、レオが窓際を離れて自分の方へ近づいてくると、
この時ばかりはレオがピリピリしているのか、
娘のチーちゃん(右)がちょっと緊張していました。
ライオン_446

野生の場合でも、メスたちが獲物をしとめると、
狩りには参加しなかったオスが後からしれ~っとやってきて、
自分の取り分を奪って行ったりします。
でも、メスたちはそれを許します。そのオスをボスとして認めているからです。

ライオン_447

私はまわりにライオン好きで知られているのでよく、
「ライオンはメスしか狩りをしないから、オスってただ食って寝てダラダラしてるだけじゃない?」
と言われます。
大好きなオスライオンのことを馬鹿にされているような気がして
ムッとする気持ちを抑えながら
「ライオンのオスは確かに狩りはあまりしないけど、家族を守る のが仕事なんだよ。」
って説明するのですが、家族を守る っていう言葉があまりにも抽象的すぎるのか
全然理解してもらえません(´;ω;`)ウウウ クヤシイ・・・

ライオン_448

これ以上熱く語ったところでまわりとの温度差もすごいでしょうからそれ以上はもう言い返さないのですが、
今このブログに文章としてならうまく説明できそうな気がします。

ライオンは群れをつくり、縄張りを持って生活しています。
その縄張りの中で狩りをし、食糧を調達しています。
その縄張りを守っているのこそがオスライオン。
他の群れのオスに奪われないように見回りやマーキングは欠かしません。
自分の群れへの侵入者を発見すると、命をかけて戦います。
時にはどちらかが死んでしまうことだってあります。
戦いに勝ったとしても大怪我を負い、結局死んでしまうこともあります。
ライオンの最大の敵は他のライオンなのかもしれません。

メスたちがしとめた獲物を我がもの顔で横取りするオスライオンですが、
そもそもはオスライオンたちが命がけで守っている縄張りが無ければ
満足に狩りもできないわけで・・・。

だからライオンのメスはボス選びの際に、強いオスをボスに選ぶのです。

メスたちは自分たちを守ってもらっているかわりに、
用心棒代として自分たちが獲った獲物をさしだすのです。


ご興味のある方は過去のこちらの記事もどうぞ。
 ●雄ライオンはただの怠け者なんかじゃない!!~放浪の雄ライオン ノマド の苦闘~
 ●ドキュメンタリーDVD■「悲しき雄ライオン ~王交代劇 9年の記録~」

ライオン_449

ね。レオさん。
ライオン_450

こちら、ネルさんのベストショット★
ライオン_451

ネルさん、だいぶ年老いてしまいましたが
おめめクリクリです♪
ライオン_452

レオと目があった★
ライオン_453

立派な鬣は、強いオスの象徴。
ライオン_454

以上、ライオンのおやつタイム のレポートでした。


これで2011年10月 2回目の天王寺動物園レポートは終わりです。

関連記事
スポンサーサイト
この記事のカテゴリ 動物園レポート 天王寺動物園
この記事のタグ ライオン 天王寺動物園

4 Comments

てらさん  

最近はライオンの本当の生態を紹介する映像も増えてきているので、
(オスライオンがメスライオンと共に狩りをしている映像もありました)
次第にたまごさんの大好きなオスライオンの事も理解されるでしょうから
あまり悔しがらないでくださいね。

2012/04/03 (Tue) 00:15 | EDIT | REPLY |   

たまご  

>てらさん様 いらっしゃいませ♪

ありがとうござます!

てらさん様のように知識や理解がある人ばかりだと良いのですが、
実際多くの人はオスライオンに対して誤解を持ってますからね~(;´Д`)

今後、オスライオンの役割や活躍が世間に広く知られていくことを期待しています★

2012/04/04 (Wed) 09:01 | EDIT | REPLY |   

a_k-☆  

なんか老けちゃったみたいですね

私が動物園にはまるキッカケとなった天王寺動物園です。
その時にくらべて、大分老けちゃった感じがするのですが。
あれから3年くらい経っているんですが、やはりライオンの3年は
人間に比べて大きいのかな?

2012/04/14 (Sat) 16:54 | EDIT | REPLY |   

たまご  

> a_k-☆ さん いらっしゃいませ♪

レオ氏、老けたというのももちろんありますが、
飼育員さん曰く、妻のネルさんに目をパンチされたみたいで
右目のまわりをケガしていることも老け顔に見える理由の一つかもです。
でもやっぱり、ここ数年で確実に年齢を重ねましたね(;^ω^)

動物園のライオンの飼育期間は20年前後らしいので、
3年って私たち人間が思うより大きいのかもしれませんね(;・∀・)

2012/04/15 (Sun) 14:35 | EDIT | REPLY |   

コメントを書く