これで眼鏡やコンタクトなしでも快適に撮影可能に♪ 視度補正レンズの選び方 - 未分類

ライオン大好き★アニマルブログ

ライオンが大好きな管理人による動物園とサファリの写真日記。全国各地の個性豊かな動物たちを楽しくレポートしていきます。

これで眼鏡やコンタクトなしでも快適に撮影可能に♪ 視度補正レンズの選び方

カメラ_1

カメラの視度補正レンズ購入時に、
どれにしようか迷われている方の参考になれば。。。

  使用機種: Canon EOS kiss X4
  裸眼視力: 0.2

私は目が悪いのですが、
裸眼でもカメラのファインダーがくっきり見れるようにと、
カメラのファインダーに取り付けられる 視度補正レンズ というのを付けています。

カメラ_2

使用しているカメラは Canon の kiss X4 。
視度補正レンズ とはそれに取り付けることができる純正の別売りパーツです。

視度補正レンズ は使う方の視力に合わせて
-4 から +3 までの10種類 (-4、-3、-2、-0.5、+0、+0.5、+1、+1.5、+2、+3) から選べます。

どれを買ったらいいのかわからなかったので、
ネットの口コミとか見つつとりあえず -2 を買ってみました。

-2 の 視度補正レンズ を本体に取り付けた状態で、
ファインダーを覗きながら本体の 視度調整つまみ を回して、
ファインダー内の AFフレーム が鮮明に見えるメモリの位置を探します。

すると、本体の 視度調整つまみ をめいっぱいマイナス側にしても
あともう少し・・・という感じでした。

それでも何もつけないよりかははっきり見えてよかったのですが、
やっぱりちゃんと自分の視力に合っていないのが
今の私の写真のピンボケの理由の一つではないかと思ったので、
今度は -4 を購入してみました。

すると、-4 は視力 0.2 の私にはちょうど良い感じでした。

これを付けてからは以前よりもピントを合わせやすくなりました(当たり前ですけど)。
要するに今までは、ファインダーを覗いた時に自分の目のピントがちゃんと合っていなかったから撮った写真もピントがイマイチのものが多かったのかな~と。。。

ただ、これからはこのカメラを誰かに渡して撮ってもらう時には、
この 視度補正レンズ を外すかなにかしないと、
えらいことになりそうです・・・。


視度補正レンズ を取り付けた場合は、
購入時からついている アイカップEf のカバーはもう使えませんので、
別売りのこちらの ラバーフレームEf も購入して取り付ける必要があります。

これは前回の -2 購入時に同時に買って使っていたものを取り外して、
そのまま今回の -4 にも使えました。


眼鏡は邪魔だ・・・コンタクトは目が痛い・・・という方には
視度補正レンズ をおすすめします。
取り付け取り外しはワンタッチでとても簡単ですよ。

関連記事
スポンサーサイト
この記事のカテゴリ その他のジャンルの日記 未分類
[ タグ 未指定 ]

0 Comments

コメントを書く