初夏の北海道旅行⑭ ~楽しい地獄巡りからのクマ牧場へ♪~ - 牧場

ライオン大好き★アニマルブログ

ライオンが大好きな管理人による動物園とサファリの写真日記。全国各地の個性豊かな動物たちを楽しくレポートしていきます。

初夏の北海道旅行⑭ ~楽しい地獄巡りからのクマ牧場へ♪~

初夏の北海道旅行_182
2016年5月に北海道へ4泊5日の旅行へ行った時のレポートです。


前回の記事からの続きです。
ついに北海道旅行最終日をむかえました!

旅行最終日5日目のスケジュールは、
登別観光 → → (移動) → → 新千歳空港 → → (移動) → → 自宅到着
となります。
初夏の北海道旅行_11

登別から新千歳空港までは車で1時間半弱。
移動距離はそんなにないので、
飛行機の時間までは今日もゆっくりと観光できそうです。

ホテルで朝食を食べて、
8時半過ぎに車に乗って昨夜から宿泊していたホテルを出ました。

ホテルの駐車場から出たら、
すぐ近くにある 「登別地獄谷駐車場」 に車をとめました。

駐車料金は普通車500円なのですが、
この料金でこの後で利用することになる 「大沼湯駐車場」 も利用することができます。
(大沼湯駐車場を使わない人も500円ですけどね)

登別地獄谷駐車場に車をとめて歩きはじめ、
3分ほどで昨夜も来た 地獄谷 に着きました。

階段をあがって、昨日は夜だから行かなかった 「地獄谷第2展望台」 へ。
初夏の北海道旅行_174

昨夜は真っ暗であんまりよくわからなかったのですが、
こんなすごい景色が広がっていたのですね!

地獄谷は日和山の噴火活動によりできた、
直径約450m、面積約11haの爆裂火口跡。

谷に沿って数多くの湧出口や噴気孔があり、
泡を立てて煮えたぎる風景が「鬼の棲む地獄」の由来となったのだそうです。
ここから湧き出た温泉は、登別温泉街のホテルや旅館に給湯されています。
初夏の北海道旅行_175

昨夜も行った 鉄泉池 にはもう行かず、
この日はこの展望台から地獄谷を眺めただけで帰りました。

歩いて 登別地獄谷駐車場 へ戻り、
車に乗って次は 大湯沼駐車場 へ移動することに。

数分走らすと、大湯沼駐車場に着きました。
初夏の北海道旅行_184

もう目の前が 大湯沼 です!
初夏の北海道旅行_176

ここも日和山が噴火した時にできた爆裂火口跡で、
周囲約1kmのひょうたん型の沼。
初夏の北海道旅行_177

沼底では約130℃の硫黄泉が激しく噴出していて、
表面の温度でも約40℃~50℃もあるのだそう。
初夏の北海道旅行_178

周囲には硫黄の臭いが漂い、
湯気がもくもくとあがっています。
初夏の北海道旅行_179

昔は底に堆積した硫黄を採取していたのだそうですよ。
初夏の北海道旅行_180

大湯沼のすぐ横には 奥の湯 が。
初夏の北海道旅行_181

この場所は 「奥の湯展望台」。
展望台という名前ですが別に高台へ上るわけではなく、
ウッドデッキみたいな感じなので気軽に行けます。

ここも日和山の爆裂火口跡の一部で、
円錐形の沼底から灰黒色の硫黄泉が激しく噴出しています。
初夏の北海道旅行_182

沼の表面温度は約75℃~85℃と高く、
特に沼の手前と中央付近の噴出が激しいのだとか。
初夏の北海道旅行_183

うわぁ(;゚Д゚) ブクブクしてる!! ちょっと怖い。

駐車場の隅っこに、
大沼湯展望台 への入口があるのを発見。

旅行前にいろいろ調べていましたが、
こんな展望台があることは知りませんでした。

予定には入れていなかったですが、
気になったし時間もあるので行ってみることに♪

こっちはちょっとしたハイキングです。
初夏の北海道旅行_185

ちゃんと遊歩道として整備はされていますが、
運動靴じゃないと難しいです。
階段を上ったりしながら、高台へと山道を進みます。

私はパンプスだったのでちょっと辛かったです。
初夏の北海道旅行_186

旅行の時の靴って難しいなぁ~(~_~;)
初夏の北海道旅行_187

駐車場から歩くこと約8分、日和山大湯沼展望台 に到着。
初夏の北海道旅行_188

うわ~♪ すごくいい景色!!(≧▽≦)
初夏の北海道旅行_189

この展望台からは、さっきまで見ていた大湯沼を上から見ることができます。

靴に泥がついてちょっと嫌な気分だったのですが、
この景色を見たら気分も晴れました♪

日和山の山頂付近からはもくもくと煙があがっていました。
初夏の北海道旅行_190

来た道を戻って駐車場へ。

駐車場から徒歩15分の場所に 大湯沼川天然足湯 という名の、
大湯沼から流れ出した川の天然の足湯があるのは知っていたのですが、
悩みましたが今回は行くのをやめました。
また山道を歩かないとダメだったので(;^ω^)

大沼湯駐車場を出た私たちは、
車に乗って のぼりべつクマ牧場 へ行くことにしました。

また登別温泉街まで戻ります。

昨夜エンマ様を見た 「極楽通り」 という商店街を進み、
途中で曲がって山をあがっていくと、
のぼりべつクマ牧場に行くために乗るロープウェイの駅、
「クマ牧場ロープウェイ山麓駅」 があります。

※車が無い場合は、
温泉街からクマ牧場ロープウェイ山麓駅まで一人乗り観光リフト (有料) で行くことができます。

有料の駐車場に車をとめて、歩いてクマ牧場ロープウェイ山麓駅へ。
のぼりべつクマ牧場_4

公式HPから印刷した 「ショッピングチケット付割引クーポン」 を提示して、
お得な入園券を買いました。

クマ牧場の入園券にはロープウェイの往復乗車料金も含まれています。

ロープウェイ乗り場へ続く通路には、
クマ牧場のクマさんたちの垂れ幕がたくさん!!
のぼりべつクマ牧場_1

盛り上げてますね~♪

また、こんな看板も。
のぼりべつクマ牧場_2

NKB総選挙 神セブン!?

どこかで聞いたことがあるような無いような響き(笑)

某有名アイドルグループにも、
神セブンとかいう人たちがいたような(;'∀')
(あんまり知らないし時間が無いから調べないけど、
人気の上位7人のことだったような。。)

AKB じゃなくて NKB なのは、
N=のぼりべつ、K=クマ、B=牧場 のようです(*´艸`*)
のぼりべつクマ牧場_3

1位 ♀ニイサ、2位 ♀ニイヨ、3位 ♀キャンコ
4位 ♀ノリピー、5位 ♀サザエ、6位 ♀クララ、7位 ♀スズリ

のぼりべつクマ牧場では2012年 (?) から毎年1回、
「NKB総選挙」 という名のメス熊を対象とした総選挙をしているようです。

最近は人気投票で決めているようですが、
上の看板は NKB総選挙2012 の結果で、
この2012年は人気投票ではなかったようです。

ではどのように決めたかというと、
お客さんからオヤツをよく貰える センターポジションに立ったクマ に、
「センターグマ」 の称号を与えると言う企画だったようで、
飼育員さんが毎日定時に2回チェックを行ってその集計で決まったようです(笑)

要するに、ほんとうに 物理的に センターに立っているクマということですね(笑)

いつから変わったのかはわからなかったのですが、
今では来園者による人気投票に変わっているみたい。

なんにせよみんな芸達者さんのようですね!
これは楽しみ♪

それではロープウェイに乗って のぼりべつクマ牧場 へ!
のぼりべつクマ牧場_5

下に見えるのは登別温泉街のホテル・旅館です。
なかなか山深いですね~
のぼりべつクマ牧場_6

高低差約300m、乗車時間は約7分。
のぼりべつクマ牧場_7

ゴンドラ内には謎の広告が貼られていました(笑)
のぼりべつクマ牧場_8

なんだよ急なこのノリは(笑)

ロープウェイ山頂駅に到着しました。
のぼりべつクマ牧場_9

降り場には、ブランコに乗った可愛いテディベアが♪

撮影スポットがあったのでここで写真を撮って、
のぼりべつクマ牧場_10

それではいよいよクマ牧場散策開始です!!(≧▽≦)

次の記事に続きます。

関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

コメントを書く