ジャングルバスを取り囲む素敵なおじ様ライオンさんたち - 九州アフリカンサファリ

ライオン大好き★アニマルブログ

ライオンが大好きな管理人による動物園とサファリの写真日記。全国各地の個性豊かな動物たちを楽しくレポートしていきます。

ジャングルバスを取り囲む素敵なおじ様ライオンさんたち

2017年2月にマツコさんの番組のロケで大分県宇佐市にある、
九州自然動物公園アフリカンサファリへ行ったときのレポートです。

姫センレポートの途中ですが割り込んでこちらの記事を先にアップします。
姫センレポートはもう少し自分が元気になってから!
でも皆さま ♂ティーダ のことは忘れないでね!╭( ・ㅂ・)و̑ グッ


前回の記事からの続きです。
まず1周目は車でサファリを周っています。

そして ライオンセクション のジャングルバスの停留所付近を通りかかると、
ジャングルバスに群がるオスライオンたちがいました!
(※私はこの写真を撮っている時はまだ、ジャングルバスには乗っていませんよ)

おおおお!(* ゚Д゚*)
ライオン_1381

きぃぃぃーーーーやぁぁぁーーーー!(* ゚Д゚*)

たくさんのおじ様ライオンたちがジャングルバスに群がり、
バスに乗車しているお客さんからお肉をもらっています。
下からも顔を出していますね(*´艸`*)
ライオン_1382

バスの右側からもライオンさんがノシノシと歩いてきて・・・
(みなさん走ったりせずにゆっくりと近づいてきました)
ライオン_1383

なんかこの子 ”タテガミ” というより”は
”ネックウォーマー” みたいな ”ストール” を巻いているみたいな(笑)
ライオン_1384

おもしろいタテガミの生え方をしています(*´艸`*)
ライオン_1385

そしてちょっと”狸顔”♪(*´艸`*)
ライオン_1386

ここアフリカンサファリのライオンさんはみんな
テタガミが立派ですね!

血筋ももちろんあるんでしょうけど、ここって山の上にあるし、
その理由はちょっと寒いからなのかな?って思ったり。

近年ライオンのタテガミの研究は進み、
ダーウィンの進化論の頃から言われていた「ライオンのタテガミは首を守るためにある」というのは
違うのではないか?と言われています。

いろいろ理由はありますがその理由の1つに、
暑い地域のオスライオンにはタテガミがあまり無いことが挙げられています。
暑い地域に住むライオンは進化の過程でタテガミを捨てた、と。

ということはその逆に、
寒いところに住んでいるライオンはタテガミの量が多いのでは?という説があります。

うん、きっとそうですね。

タテガミについてもっと詳しく知りたい方はこの記事をどうぞ
 →「ライオンのたてがみは何の為にあるの?~たてがみの秘密~


そんなことを思っていたら・・・

おっ!?
ライオン_1387

前方にわりとタイプのイケメンさん発見(@ ̄□ ̄@;)!!
(↑お前いったいタイプのライオン何頭いるんだよと・・・)
ライオン_1388

わーわーわー!! o(・∇・o)(o・∇・)o
ライオン_1389

すごくカッコいい!!わーわー!!

放送はされませんでしたが
「あそこにめっちゃカッコいい子がいます!
 (*゚∀゚)σほらあそこ!
見てみてぇ~

ってスタッフさんに知らせて浮かれていました(笑)

ね、イケメンでしょー ヾ(*´∀`*)ノ キャッキャッ
↑イケメン情報はみんなで共有したい派
ライオン_1390

でもこの子、お肉には群がらないんだね~
なんでだろうね??

さっきの ”ネックウォーマーだぬき” さん(←勝手に命名w)もお肉には群がらずに
ライオン_1391

バスからちょっと離れた場所へ移動して、腰を下ろしました。

ん?こっち見た!?
ライオン_1392

こっち見て~ぇ~!!( 」´0`)」オォーイ!

(o゜◇゜)ゝォォオオオイイイィィ!!

(注※ 窓が閉まっているので聞こえません)

そんな時スタッフさんに
「たまごさん、ところで・・・
 YouTube で見つけたというお目当てのイケメン君は見つかりましたか?」
って聞かれてふと我に返りました。

はっ!
「すみません!すっかり忘れていました・・・(; ̄□ ̄A 」

そうだった忘れてた。
私、イケメン君を探したいんだった。
たくさんの素敵なおじ様ライオンを目の前にテンションが上がりすぎてすっかり忘れていました。

私はこの子を探したいと思っていたのでした!(詳しくは前の記事で)
出てくる出てくる_6

どこかな~?いるかな~?

(・_・ ) ( ・_・)キョロキョロ

もしも~し(´・Д・)」

「(・_・ )(「・_・)” いますか~?




一応キョロキョロと一通り見える範囲は探してみたのですが、
この日は雪が降っていたため、
サファリに出ているライオンの数が圧倒的に少なかったんです・・・
(全飼育頭数89頭のうちわずか12頭のみ)
ライオン_1393

もしかしたら識別できないとかではなくて、
そもそもこの中にあのイケメン君がいないのかもしれません。
ライオン_1394

みんなとっても立派でカッコいいけどあのイケメン君ではなさそうなんですよね。
ライオン_1395

むぅ~、いないなぁ。
ライオン_1396

この子も違うなぁ。
それにしても本当にタテガミが立派っ!腹毛までボーボーだ!
ライオン_1397

一通り見渡しても見つからなかったので
とりあえずここでいったん探すのは諦めて、
次は 「草食動物セクション」 へ行くことに!

ジャングルバスにファロージカさんが群がっています。
アフリカンサファリ_13

乗客の皆さんからおやつをもらっているみたいです。
アフリカンサファリ_15

反対側にはアメリカバイソンが。
こんなに大きいのに草食なんだよね~
アフリカンサファリ_14

あっ!
アフリカンサファリ_16

それにしてもライオンバス、どこにいてもついつい探してしまう~(;^ω^)

彼はライオンではないですが、
なんだかもう私の中で1頭のライオンと認識されつつあるようです(笑)

さようなら、ライオンさ~~ん( ´Д`)ノ
アフリカンサファリ_17

こちらにはアジアゾウ。すぐ目の前にいました♪

アジアゾウ_21

「草食動物セクション」 の次は 「トラセクション」 へ。

ベンガルトラ2頭がいたのですが、
1頭はずっとお家に帰りたそうにウロウロ。
ベンガルトラ_83

そしてもう1頭は丘の上に。
ベンガルトラ_84

なんかまるまるした体型ですね(*´▽`*)
女の子かな??

「トラセクション」 の次は 「ハイエナセクション」 へ。

後から聞いた情報によると「まだサファリに出る練習中」だという新人の2頭のハイエナがいたのですが、
2月28日更新の公式Facebookを見るかぎり、
この2頭は ♀ダイズ ちゃんと ♀アズキ ちゃんだったんじゃないかなと思います。

まだ2頭しかいない割にはかなり広いハイエナセクションを抜けると次は
チーターセクション」へ。
アフリカンサファリ_18

ここアフリカンサファリの何が凄いかって、ここ
同じセクションの中でチーターとグラントシマウマが同居しているんですよ。
お互いを仕切る電柵無しで。
アフリカンサファリ_19

「え!そんなことしたらシマウマがチーターに食べられちゃうんじゃないの??
可哀想っ!!(><)」

って当然思いますよね。
私も初めてそれを知った時に
なんでそんなことするんだろうと一瞬びっくりしました。

ところがこれにはちゃんと理由がありました。
チーターは自分より大きな動物を襲わないのだそうです。

だからむしろここではチーターよりシマウマの方が強いらしく、
チーターがのんびりしているところにシマウマが邪魔をしにきたりするみたいです。
そしてチーターは逃げる。面白いですね。

安全な範囲で違う種類の動物をあえて一緒に展示し、
一緒に生活してもらうことで
動物たちに「適度な」緊張感をもってもらうことはいい事なんだそうです。

この日は残念ながらチーターとシマウマが近くにいる所を見られなかったのですが、
園の公式SNSに載っているのでぜひ遡って見てみてください♪

「チーターセクション」をぬけると最後は「レイヨウセクション」。

これも姫センでよく見かけるから好きな動物、
ローンアンテロープ。なんだか名前も素敵♪
ローンアンテロープ_18

他にもシロオリックス、エランド、ブラックバックがいたりと
なんか違う土地に来ているのにいつものお気に入りな動物がいて
ちょっと懐かしい気持ちになりました♪

ジャングルバスの乗客から
オヤツをもらっているフタコブラクダさんたち。
フタコブラクダ_39

これで1周目のサファリは終わり。
だいたい30分くらいだったでしょうか?

でもこれは取材の都合でライオンセクション以外の場所はわりとさっと見て終わりだったので、
全てじっくりゆっくり見てまわったとしたら、
すごく広い敷地だったので40分くらい楽しめると思いますよ。

次の記事に続きます。

関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

コメントを書く