ペンギンたちの日光浴 - 王子動物園

ライオン大好き★アニマルブログ

ライオンが大好きな管理人による動物園とサファリの写真日記。全国各地の個性豊かな動物たちを楽しくレポートしていきます。

ペンギンたちの日光浴

2010年12月に兵庫県神戸市にある、王子動物園へ行ったときのレポートです。


こちらのプールで展示されているのは、フンボルトペンギンです。
フンボルトペンギン_1

ペンギンというと一般的に、南極などの寒い地域に住んでいるイメージがありますが、
このフンボルトペンギンは、南アメリカ大陸の沿岸地域に生息しています。
国で言うと、ペルーやチリのあたりです。
南アメリカ大陸地図_1

このあたりには 「フンボルト海流」 という冷たい海流が流れています。

上の写真の、左側に写っている3羽。
フンボルトペンギン_2

その後ろにポツンと1羽いるのですが、
この子、配水管に首を乗せて変な格好でくつろいでいます(笑)
フンボルトペンギン_3

こちらはその右側にいる4羽。
フンボルトペンギン_4

フンボルトペンギンのお腹には黒い斑紋があります。
フンボルトペンギン_5

この斑紋はそれぞれの固体で違うので、野生のフンボルトペンギンの観測者は固体を識別する時にこの斑紋を見るそうです。(動物園や水族館では、ペンギンの腕に固体識別用のタグを付けて見分けているところがほとんどですが。)
フンボルトペンギン_6

みんな気持ちよさそうに日向ぼっこをしています。
フンボルトペンギン_7

その横を、泳ぎながら毛づくろいしている子が通ります。器用ですね~
フンボルトペンギン_8

うむ。いい姿勢です。
フンボルトペンギン_9

展示場の左側には岩穴がいくつかあるのですが、
ここはたぶんペンギンたちが閉園後に過ごす部屋でしょうか?
フンボルトペンギン_10

中には小石がゴロゴロしているようです。
フンボルトペンギン_11

フンボルトペンギンは日本の夏の暑さにも強く、特に冷暖房設備もいらないので、
日本全国の約70箇所もの水族館や動物園で飼育されています。
フンボルトペンギン_12

その為あまり広く知られていないのですが、フンボルトペンギンは、本来の生息地である南アメリカでは、環境破壊、餌であるアンチョビの乱獲、エルニーニョ現象などにより、その個体数は激減していて、現在絶滅危惧種に指定されています。
フンボルトペンギン_13

関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

コメントを書く